次に銀行印

どちらかと言えば

こちらの方が印鑑の数が必要ですね

言うまでもなく

銀行印とは

銀行口座開設や各種金融機関に届け出る印鑑

のことです

要はお金にまつわる印鑑とでも言いましょうか

ある意味、実印以上に重要な印鑑です

この銀行印も

印鑑屋さんに行ったところで

銀行印は売っていません

銀行印に使うのに向いている印鑑

が売っているだけです(笑)

つまりは、シャチハタ以外なら何でも良い訳です

とはいえ

そこはお金にまつわる印鑑

むやみやたらに捺印する訳にもいきません

ましてや認め印として使うのはどうでしょう

銀行印 = 認め印

絶対にこれだけはやめるべきでしょう

家に宅急便が届くたびに

うちの貯金している銀行口座の印鑑はこれです

なんて宣伝しているようなものですからね

個人情報流出をわざわざする必要もありません

我が家の銀行印の印影が流出してる訳ですよ

嗚呼、恐ろしや~です(笑)

結婚したら銀行印は夫婦別々にすべき?

一番、安全なのは

銀行口座の数だけ銀行印を用意する

これが正解でしょう

とはいえ

あまりに銀行印が多いのも

どの銀行口座のものかわからなくなります

また

まとめて同じ場所に保管してたら意味ないですしね

ここは

実印や銀行印と使い回しさえしなければ良い

くらいに考えて銀行印の本数は考えてみましょう

最低でもご主人のを1本、夫婦別で2本でしょう